丸共通運株式会社 様
事業内容:愛知県碧南市を中心とした物流、運送業
従業員数:370人
創業:大正3年
担当者:代表取締役社長 鈴木 朝生 様

人事を取り巻く社会の変化に社内が対応できていなかった…

ーどのような課題を抱えていらっしゃったのでしょうか?

鈴木様:業種として労働集約型になっている状況で、ここ10年くらいで人事を取り巻く環境が大きく変わりました。働き方や労働時間などの問題がクローズアップされるなど社会の状況が変わっていく中で、社内対応が進まずにいました。

制度構築ではなく、その後の落とし込みがポイント

ー弊社を選んでいただいた理由はなんでしょう?

鈴木様:コンサルタントは世の中にたくさんいて様々な提案を受けていました。ですが、提案だけで最後困ったときに助けてもらえないという印象がありました。制度などの形だけ整えても上手くいかないので、その後の運用が大切だと思っています。以前、別のコンサルタントにお願いしたことがありましたが、効果はその瞬間だけで、定着はしませんでした。

そんな中、モザイクワークは運用への落とし込み、問題解決を図ってくれると思いました。

今はまだ制度の導入の段階ですが、これまでとは違い、会社の文化として定着してきそうな気がします。やっぱり社内だけだとできないことがあります。社外の人がいることで「変えていくんだな」という気持ちで関わっている社員は参加してくれていると思います。

モザイクワークには”適当なこと”を相談できる

「使い勝手」というと乱暴な表現ですけど、トップからすると、モザイクワークに”適当なこと”を相談できます。

会社のトップが思いついたことを、それを社内に言う相手はそんなにいないんです。言われた人からすれば、追加の仕事になってしまい、やってくれなかったりします。

社内では緊急度の高い仕事にフォーカスしていますが、会社が本当にやらないといけないことは、重要だけど緊急度が高くないもの。そういったことを相談できることはありがたいです。

-->